Access. /  845-1, Koshikiya,​ Ageo-shi, Saitama,

               362-0064, Japan

ワンズクラフト

​TEL. /  050-5243-9259

E-mail. / ​ones.craft.contact@gmail.com

​営業・製作日記

Blog   by ONE'S - CRAFT

エルグランド霊柩車、「メラミン化粧板」にて製作完了①

2019/09/13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまたブログ更新が遅くなりました!

 

 

 

この度、台風15号の被害を受けられた方々に心からお見舞い申し上げます。

 

千葉県や静岡県を中心に深刻な被害状況が明らかになってきたとの事で、

まずは、大規模停電や断水などのライフラインの一刻も早い復旧を心より願っております。

 

 

ちなみに、ワンズクラフトは、たまたま運が良く被害が無くすみました<(_ _)>

 

また、別の機会にご紹介させていただきますが、

今年の6月~8月にかけて、アトリエを全面リフォーム(?)、建築しました。

 

ビニール部分をすべて捨てて、屋根、壁、扉、シャッターとひたすら大工です!

 

計4回予定の防腐防蟻を兼ねたダーグブラウンの塗装仕上げは、まだ1回目ですが

ドーム型のオリジナルデザインのアトリエになりました。

 

次の次あたりのブログでアップします。

 

 

 

さて、本題の方でして、、、

昨年からの未公開の製作分になります。

 

平成27年式のエルグランドの霊柩搬送車は、あまり見たことがないと思います。

おそらくモデルチェンジする前と比べて、はるかに難しいからです。

 

何十台と一人で手掛けてきて、正直自信があったので、

初めての車両でも見れば、製作可能か即判断できるようになりました。

 

 

お持ち込みの「レール」の条件と、

空間の有効寸法内で一番使い勝手が良い設定と、ニッチの収納が製作の醍醐味です!

 

 

今回も写真が多かったので「ベース」部分のご紹介。

 

本ブログの写真の選定時に、

あらためて、「メラミン化粧板は加工が大変だけど、やっぱり綺麗だな~」と、思わず

 

いつもの小さな分割加工をやめて、そのまま9枚もアップしてみました。

 

サイドから見ると、

少し高く見えますが、テールゲードのボディのギリで水平にして、収納は充実。

 

左側には、床を設置して、ミニ収納を確保。

 

トランク部分の収納は活かせるように、パネルを製作し、

また、設置した床と高さを揃えて、左セカンドシートの後ろの空間も使い易く工夫してみました。

 

メラミン化粧板にて製作をさせていただく際は、お金よりもお時間を頂きたいです。と、

ご依頼いただきました素敵な社長様に、フランクに言ってしまった事を思い出しました。(笑)

 

すいません、また機会がございましたら、ぜひ宜しくお願いいたします!

 

Share on Facebook
Please reload