霊柩車/搬送車・寝台車の架装製作(フルオーダー)

スクリーンショット (3).png

​このページで伝えたい 【 要点 ・ まとめ 】

皆様方、

お忙しいので!

 ● フルオーダー製作として、「より細かい仕様」「より立体的な製作」をさせていただいております。

 ● ホンダ オデッセイ(4代目)乗車定員数 2名(良質な中古車)霊柩車を製作させていただきました。

 ● トヨタ ハイエース(現行)乗車定員数 6名(新車)霊柩搬送車を製作させていただきました。

 ● スズキ エブリイワゴン(現行)乗車定員数 3名(新車)軽寝台車を製作させていただきました。

オデッセイ霊柩車、ハイエース霊柩搬送車、エブリイワゴン軽寝台車「フルオーダー製作」のご紹介。

​フルオーダーでも「低価格」で実行します。

葬儀事業者様のお車に「効率的な要素」を発見し加える【省力化された効率性の高い仕組み構築へ】

ご使用になられている「霊柩車/搬送車・寝台車」は、様々な想いを運ばれる、大切な「お車」であることは存じ上げております。

また、事業規模が大きくなればなるほど、「人」「物」「金」の管理、と「危機」の管理、が大切であることも、重々承知いたしております。

もし、お車に「効率的な要素」を発見し加えることができるなら、「省力化」 =  一人当たりの生産性を高める。

事業者様に大きく貢献できるのではないかと考え、お打ち合わせを重ねながら、より細かい仕様・より立体的な製作、を手掛けるに至りました。

火葬場不足の問題が危惧されておられる昨今ですが、​

今後、日本の超高齢化社会に伴う、人口減少は数十年先まで「避けられない現実」としてほぼ確実に訪れてしまいます。

恐らく、ご葬儀様式の在り方、「伝統的な文化」の要素は、件数に対して反比例し、減少傾向であるものと予測が立ちます。

 “ 誰もが一度は必ずお世話になるご葬儀 ” ではございますが、

絢爛豪華なご葬儀ばかり、といかないのが、今後難しく悩ましい局面であると、強く認識しております。

事業者様、またはエリア地域によって、

ご使用になられている「霊柩車/搬送車・寝台車」に対して求めるものは様々ですが、高いコストパフォーマンスにて、新規架装製作をさせていただいております。

​check!

【ホンダ オデッセイ 霊柩車/搬送車・寝台車】 [車両外観]

乗車定員数 / 2名
カスタムパーツも多い、超売れっ子デザイン、​オデッセイの4代目。

​ノンストレッチで(そのままの姿)

洋型霊柩車の感を演出。

​使い勝手も計算して内装製作へ。

元々、車高は低めの設定車種。

コンパクトなテールゲートも

そのままの姿で収まります。

HONDA / ODYSSEY[オデッセイ]

参考:年式 / 平成21年 走行距離 / 7.4万km 色 / ブラック

ストレッチャーに棺オンの

スタイル専用へ設計し製作。

ローラー無しのレールに。

アオリも標準より少しショート。

車高に合わせ、ストレッチャーに

棺オンした押えもOK!

​check!

【ホンダ オデッセイ 霊柩車/搬送車・寝台車】 [ベース]

​後部座席はすべて外し、2名へ。

品格ある​棺室を表現するべく、

シンメトリーに壁を製作。

左2ndドアからの様子。

​テールゲート側からは見えない

​「大収納空間」を左右に確保。

こちらも、左2ndドアから。

テールゲート側を見た画像。

メラミン化粧のコの字収納空間。

右2ndドアからの様子。

​左側と同様のシンメトリー収納。

「道具の寸法も計算」して製作。

B-CASカードの差し替えと

​機器そのものが交換できるよう

​クリアランスを確保。

内装仕上げに、黒の大理石調の

メラミン化粧板を採用。

日光の関係で、茶色ではない。

左右対称のデザインに。

中央がレールの設置スペース、

左右ドア側を囲う壁で棺室に。

​運転席側から後方を見た画像。

​​シートベルトの空間を残し、

中央を開けた壁も製作。​

​check!

【ホンダ オデッセイ 霊柩車/搬送車・寝台車】 [ベース] + [レール]

​中央の空間にレールを設置。

アオリで押さえ込む領域UPと

​使い勝手も向上しました。

レールは、ローラー無しタイプ。

ストレッチャー専用に設計し

​面のビス止め無しで固定。

レール素材は、ヘアライン材。

面が一段上がって、

フラットに仕上げています。

左右対称の「大収納空間」

横向きで折り畳み式の

キャスケットテーブル収納へ。​

6.25尺の山型の布棺を

ストレッチャーに直接オン。

余裕で収まりました。

テールゲートのガラス等にも

​干渉せずに、綺麗に収まります。

​そのまま使えるのがベスト!

​助手席側から、後方壁への画像。

6.25尺で長さも余裕で収まり、

シートで綺麗に固定できます。​

運転席の位置も一番後ろに

設定・固定できました。

6.5尺の棺でも余裕かも?​

​check!

【トヨタ ハイエース バン DXロング 霊柩車/搬送車・寝台車】 [車両外観]

乗車定員数 / 6名
​ワイドではなく、スーパーロングでもない、新車のハイエース。

右サイドからの様子。

​左の片側がスライドドア。

乗車定員数6名でチャレンジ。

経験上、一番多く製作している

同社のエスティマと比べると

​ノーマルでもやはり大きい!

TOYOTA / HIACE VAN DX[ハイエース]

参考:年式 / 令和2年 走行距離 / 新車 色 / ホワイト

新車からの架装製作へ。​

​ご担当者様とも打ち合わせ。

書類作成の範囲等も確認。

新規検査登録、車検場へ同行。

無事に乗車定員数6名で登録。

​新車は、色々と大変です。

​check!

【トヨタ ハイエース バン DXロング 霊柩車/搬送車・寝台車 [ベース]

観音開きの扉を製作。

シンメトリーでフラットへ。

絶妙なバランスで完成。

観音扉を開くと、

​左右対称に2室の空間へ。

​中央仕切り壁も設けています。

左右の扉は、それぞれ独立して

開くように干渉を無くし、

使い勝手も考慮しています。​

全面、メラミン化粧板仕上げ。

​鏡のように透き通り反射し、

品のある棺室を演出​。

左2ndスライドドアからの様子。

乗車定員数は6名で設計製作。

​スペースは、なかなか狭いです。​

レール下収納の引き倒れ扉。

手が届く範囲の空間のみ

収納スペースを確保。​

​空間は、L字の収納スペース。

​内にモーター関連の

点検口を​設けてあります。

後方、レール下収納が2つ。

左右の引き倒れ扉。

​奥行きは手が届く範囲に設定。

​check!

【トヨタ ハイエース バン DXロング 霊柩車/搬送車・寝台車 [ベース] + [レール]

レールは2台装備。

寸法も左右同じの設計です。

​干渉なしだが、寸法ギリギリ。

想定は、ストレッチャーに

棺オンの空間を立体でも確保。

寸法上は、ギリギリでクリア。​

観音扉も手動でロック機能を

持たせ、駐車の傾斜や風など

​不意な閉まりにも対応へ。

​左右独立して使用可能。

扉のオープン角度は108度。

​両面メラミン化粧板仕上げ。

楽しかった立体の造り込み!

​クリアランス寸法の制約が

全方位ミリ単位で大変でした。

安全が最優先なので

大壁・仕切壁と、構造強度を

強めに持たせています。

​左2ndスライドドアから後方。

選ばれたライトグレーの

​メラミン化粧でハイセンスな内装に。

全体を通して、強度を最優先し

収納スペースが小さめに。

​スペアタイヤはそのまま装備可。

​check!

【スズキ エブリイ ワゴン 軽寝台/霊柩搬送車】 [車両外観]

乗車定員数 / 3名
​軽自動車の最大のメリットは、狭小地でも楽な運転。これに尽きます。

右サイドからの様子。

​両側スライドドア。

新車から軽寝台の製作へ。

フラットに近いテールゲート。

​間口も荷室も広く、

​乗用でも便利なエブリイワゴン。

SUZUKI / EVERY WAGON[エブリイ ワゴン]

参考:年式 / 令和2年 走行距離 / 新車 色 / シルバー

乗車定員数3名でチャレンジ。

​棺のみ専用との事で、

​1800mmのレールを装備。

ご担当者様との受け渡し。

新車3名乗車登録へ、

打ち合わせ → 書類確認。

​check!

【スズキ エブリイ ワゴン 軽寝台/霊柩搬送車】 [ベース]

強度確保し軽量化が重要。

​バッテリー交換対策が最優先。

​指定の収納と寝台機能も重要。

​幅・長さとデリケートな寸法値。

​元々ある壁ポケットは活かし、

​仕上げ材は、CF材を選択。

最優先事項のバッテリー対策。

移設か、点検口か。

​指定収納も踏まえ、後者を選択。​

バッテリー交換対策点検口は、

​閃き「L型パズル方式」

​気持ち良く、ピタッとハマります!

レール下へ指定の収納。

「スクープストレッチャー」

​奥行きある収納空間を確保。

黒のニードルの空間へ

​綺麗に滑らせて収納できます。

幅や高さも、狙い通り!​

​左2ndスライドドアからの様子。

​元足元部分に、ニッチ収納。

​奥行きも、しっかりスペース確保。

右2ndスライドドアからの様子。

​残した右の後部座席を畳むと、

​さらにフラットな空間確保も。

​check!

【スズキ エブリイ ワゴン 軽寝台/霊柩搬送車】 [ベース] + [レール]

サイズオーダーのレールを装備。

​「棺のみ専用車」なので、

​1800mm → 助手席残し → 3名乗車

ストレッチャーは載せないので

アオリも、よりショートに設計。

​右後席畳むと、さらに広い!

​乗用エブリイワゴンで、

新車から3名乗車定員の

軽寝台は珍しいみたいです。

右2ndスライドドアからの様子。

​レールで隠れる事が多いですが

​黒の大理石柄のFC材は人気。

6.25尺の山型の布棺でもOK!

棺のメーカーによっての

数ミリ差異も大丈夫そうです。

干渉せずに、綺麗に積載。

​お仕事の地域によっての

​ベストなスタイルを実現へ。

6.25尺の棺を積載中。

助手席シートを上手く使用。

​フレキシブルな対応力◎

ミニオーバーハングして仕上げ、

収納内の仕上げ、などなど

​細かいところまで綺麗に。

​Maker.  /  ONE’S  CRAFT  at  SAITAMA

​Access. /  埼玉県 上尾市 小敷谷1044-10

ワンズクラフト
  • Twitter

Tel. / 050-5243-9259

Fax. / ​048-877-6753

E-mail. / ​ones.craft.contact@gmail.com