霊柩車へ改造の費用について

CARPENTER MAKES HIGH QUALITY HEARSE

I make very high quality hearse.

It is easy to use and offered at a reasonable price.

Please feel free to contact us.

価格をオープンにしておりますが、一年以内でご計画中のお客様は「見積り依頼」をお願い致します。

​完全にネット上だけでの販促です。オーダーメイドに相反する「気軽さ」に対する壁を無くせるように努めておりますので「質問のみ」でも大丈夫です。

​霊柩車へ改造の費用が【なぜ低価格なのか?】

「運営維持費の最小化」

これが最大の理由です。実現可能か、

全て自分で自由に “つくる” = 楽しいがきっかけ。

究極的にランニングコストを軽くしております。

 

・架装製作に掛かる全行程を一人で造る。

・製作する場所[アトリエ]を自分で設計建築し造る。

・webホームページ制作は自分で作る。

・SEO対策、分析戦略を自分で構築し作る。

・マーケティング、ライティングは自分で創る。

・ロゴから名刺までも自分で創る。

「車両などの在庫は持たない」

全てご依頼をいただきました、

お客様のお車で「受注製作」を行っております。

お客様目線、ワンズクラフト目線の双方立場から

WinWinの関係であると考えております。

良質な中古車を推奨させていただいておりますが、

お客様が信頼しているディーラー様から

ベース車両のグレード・そして状態、

ご予算に合わせて自由に選定できます。

訳あり激安車両がベース車両で

付加価値=霊柩搬送架装は嫌ですよね。

「消費税を頂いていない」

ワンズクラフトは、規模が小さな工房なので、

消費税の10%をいただいておりません。

正直に、多少は折り込んで計算はしておりますが、

それでも50万円の消費税は5万円です。

もらう事業者様がほとんどだと思います。

数年後に予定されている

「インボイス制度」は、かなり意識しております。

的確領収書の発行をしないかわりに

「良心的な価格」でご提供いたします。

棺台レールは、“2つのデザイン” からお選びいただけます。

詳しい内容は、「レール製作」ページをご覧ください。

ワンズクラフトの【受注製作について】

ー 基 本 情 報 ー

【 乗 車 定 員 】2名 ~ 4名​ ※車種・ご希望による

【 内 装 仕 上 】メラミン化粧板材 (特注) or 塩化ビニルフロア材 (通常 / CF材)

【 製 作 期 間 】約30日間 ~ 約40日間 ※バックオーダー数による

ー 製 作 費 用 ー

【 架 装 製 作 】46.2万円 ~ ※「消費税」は、いただいておりません。

【 ベース製作 】26.3万円 ~ ※「車種」によっては、さらにお安く出来ます。

【 レール製作 】19.9万円 ~ ※「2つのデザイン」から、お選びいただけます。

【 オプション 】00.3万円 ~ ※「赤字」で無ければ良い、すべて低価格です。

ー ご  案  内 ー

ワンズクラフトは、在庫を持たない「受注製作」となります。

基本的には、お客様による「お車のお持ち込み」が製作条件です。

「レール」に関しましては、

ワンズクラフト製でも、他社様製でも、中古活用・流用でも、

お車の条件を確認し、最適な製作でご提案いたします。

【例-No.01】お持ち込みレール

アオリ止めがチェーンの年代物。

まだまだ使えます!

【例-No.02】お持ち込みレール

丸棒レバーでショートタイプ。

車種によっては△です。

【例-No.03】お持ち込みレール

土台部分へ足があったレールを

上手く加工し、レバー位置変更。

【例-No.04】他社様製のレール

他社様製の中で、一番オススメ。

万力付き、​引き出し式の仕様。

ベース(土台の架装部分)の化粧仕上げ材をお選びください。

​「メラミン化粧板材」「塩化ビニルフロア材」どちらもデザイン◎

内装化粧仕上げ【2種 → 各色から選定】

ー メラミン化粧板材 ー

【 選 定 費 用 】特注 / 追加 = 5万円 ~ ※施工面積によっては「価格の変動あり」

【 カラー展開 】通常 / 基本 = 6色

【 材 料 仕 様 】一流メーカー品 / 耐擦り傷性仕様

​【 メ リ ッ ト 】高級感・品格を表す内装に。CF材と比べると一目瞭然。

【 デメリット 】塩化ビニルフロア材よりも高価。加工がひと手間・お時間を有する。

  

ー 塩化ビニルフロア材 ー

【 選 定 費 用 】通常 / 追加 = 0円    ※施工面積による「価格の変動なし」

【 カラー展開 】通常 / 基本 = 2色

【 材 料 仕 様 】一流メーカー品 / 高耐久性仕様

​【 メ リ ッ ト 】メラミン化粧板よりも安価、加工が容易・お時間を短縮。

【 デメリット 】透き通るような輝きはなく、高級感に少し欠ける。

  

※2種 → 各色のサンプル材以外の内装化粧仕上げで、製作することも可能。

お客様のご自由に、お車をご購入・仕入れをされて、

納車先に、ワンズクラフト工房(埼玉県 上尾市)をご指定ください。

納車に関する費用【お届けは有料です】

ー ご  案  内 ー

基本的には、お客様による「お車のお持ち込み」が製作条件です。

「運転してお持ち込み」+「製作完了後、運転してお持ち帰り」=0円

よくある例:2人で2台で行動 or JR高崎線 上尾駅まで送り迎え(無料)

ー 車 両 移 動 の 費 用 ー

【 残車検が無い 】自賠責保険料(2か月分がベター) + 仮ナンバー代 + 1,000円

【 運転して納車 】お届け先まで距離目安 / 片道 50km 位まで = 15,000円

                     / 片道100km 位まで = 25,000円

                     / 片道100km 以上は =  「要ご相談」

​※高速料金・電車運賃・人件費が含まれておりますが、ガソリンはお客様支給です。

【 陸送 or 船送 】遠方様の実績も多数ございますが、「要ご相談・要お見積り」です。

  

基本、同じ車種でも一台一台「状態・条件」に合わせた製作なので、確認・寸法微調整は通常製作。

​特に細かくオーダーされないお客様が大多数で、「お任せ」された場合も、下記の優先順位に基づいて、最適な製作をいたしますのでご安心ください。

まず、車両の空間有効寸法の確認をさせていただきます。

​レール幅を小さくするなど、無料の範囲内で各車両に対応いたします。

収納の確認【寸法のオーダーは無料です】

ー ご  案  内 ー

 お客様がご使用になられる「葬祭道具」に対する

「収納の確認・収納空間の微調整程度の寸法のオーダー」はすべて無料の範囲内です。 

有料となるオーダーは、新たに「棚」や「壁」など、追加製作が必要な場合です。

車種・製作内容により、お時間をいただく場合が相応にございます。

特注の製作に関しましては、次段落ページをご覧ください。

ー 製 作 の 優 先 順 位 ー

 1.車両本体に対する条件を確認し、ベース(レールを乗せる土台部分)の強度確保。

 2.レールの条件に合わせた、ベース必要強度・高さを設定。

 3.上記1と2の条件を満たし、ベース構造の隙間収納・トランク収納を最大限確保。

 4.上記3の範囲内で、希望があれば収納物をお預かりし、寸法の微調整を行う。

​ここまでが、通常製作オーダー(追加費用0円)のワンセンテンスとなります。

  

ファーノ社様製の折りたたみ式

キャスケットの収納寸法確認。

前方レール下収納へ。

ナナメから入れて間口ギリギリ。

ストレスがかかる程の

ギリギリではないがジャスト。

モデル車種は、エスティマ。

前方レール下収納は奥までなので

​干渉せずに上手く収まります。

一番奥(後方)まで入れた様子。

前方側は、まだまだ余裕な感じ。

綺麗に収納できました!

お客様がご使用されている

葬祭道具の収納確認。

​大容量のトランク収納へ。

お客様がご想像されていた

車載しておきたい場所へ。

重ねてパネル下へ入れます。​

ストレスなくジャスト収納へ。

左3rdシートを残しているので

​シート支点部分が少し干渉程度。

一番奥まで入れた様子。

左3rdシートの収納も可能。

​手前側にも、まだまだ入ります。

上記の収納確認と同様です。

左3rdシートの展開時の

エスティマのトランク収納へ。

左3rdシート格納部分。

収納箱・布団をすっきり収納。

幅や高さも綺麗に収まりました。

左3rdシート残席用の

製作したパネルもピッタリ。

​パネル上にも荷物が置けます。

​すべて収納されている様子。

ご好評いただいております、

大容量のトランク収納でした。

​より細かくご要望にお応えする「特注製作」でも、ランチメニューにサラダセット追加のイメージ。

​事前にご依頼内容についてのご相談・お問い合わせをお願いいたします。金額よりも「お時間」をいただく場合が相応にございます。予めご了承ください。

お客様の「こうしたい!」のイメージ・ニュアンスが大事なので、

​要お打ち合わせさせていただき、収納物は現物があると助かります。

​お客様仕様に【特注の製作は有料です】

ー ご  案  内 ー

特注の製作(有料となるオーダー)とは、

新たに「棚」や「壁」など、追加製作が必要な場合です。

また、材料の「仕様変更」や「追加加工」なども、特注と定義しております。

車種・製作内容により、お時間をいただく場合が相応にございます。

事前にお打ち合わせをさせていただきますので、予めご了承ください。

ー 特 注 費 の 目 安 ー

一概に料金表のようなもので表現ができないので、

製作する面積から使用する材料原価を元に積算し、ご案内しております。

​目安として、こちらでご紹介させていただいております

「棚」や「壁」は3万円 ~ 5万円位となります。

より大きな特注製作に関しましては、 ~ 20万円位までで承っております。

  

​check!

【トヨタ エスティマ ハイブリット 霊柩車/搬送車・寝台車】 [特注] → 専用収納棚 + 

乗車定員数 / 3名

ハイブリッド車 =「製作費が高い」ことはなく、収納にこだわりを。

葬祭道具に合わせた棚を製作。

お客様仕様に、指定場所へ

脚立や台、座布団などを収納。

​パネル上も、お客様仕様の

花瓶や専用箱を置くために、

レールを右レバーに変更。​

TOYOTA / ESTIMA HYBRID[エスティマ ハイブリット]

参考:年式 / 平成21年 走行距離 / 3.2万km 色 / ブラック

収納棚を縦長で製作し、

空間を有効活用。

乗車定員数は、3名を確保。

ハイブリットもレール下収納は

奥まで可能。持込レールに

合わせてベースは低めに設定。

​check!

【日産 エルグランド 霊柩車/搬送車・寝台車】 [特注]  → 耐力壁 + 折り畳み式の床

乗車定員数 / 2名

​1台で大きな設営までもこなせる、エルクランド霊柩搬送寝台車へ。

耐力壁の役割は、左側に荷物を

上の方まで積込みした時の支え。

収納力が大幅にUP。

​左床は、あえて固定せずに

「パネル化」し「折り畳み式」で

可変的に対応出来るように。

NISSAN / ELGRAND[エルグランド]

参考:年式 / 平成18年 走行距離 / 5.2万km 色 / ブラック

ガンガン積めるように、

裏に金物、巻き込みモールと、

左床と耐力壁にひと工夫。

低いベースでレール下収納なし。

レールは、ワンズクラフト製の

ファスナー装備なし仕様。

​check!

【日産 セレナ エスハイブリット 霊柩車/搬送車・寝台車】 [特注]  → 収納ネット

乗車定員数 / 3名

前方レール下収納の間口専用ネットを手編みで製作。特注費=3,000円

現行モデルのセレナは車高低め。

レールは、ワンズクラフト製で

ファーノ社様製ファスナー装備。

撤去した左3rdシート部分にも

ベースを設け、パネル上にも、

​葬祭道具などを置けます。

NISSAN / SERENA S-HYBRID[セレナ エスハイブリット]

参考:年式 / 平成29年 走行距離 / 1.1万km 色 / ホワイト

パネルの安定性を考えて、

トランクパネルをリメイク加工。

そのため、取っ手は固定式金物。

得意の大容量のトランク収納と

後方にもレール下収納を確保。

​構造空間のニッチを上手く利用。

お客様事業をフォローアップする存在へ。何かしらの「ヒント」「気付き」になれば幸いです。

​ホームページ制作は簡単。有料で作り方のフォローも。ただし、自身で作る上でもっとも難しいのは、そのホームページで集客・販売の「結果」を出すこと。

​日本の人口動態統計上の【未来予測】

日本の人口統計では、OECD諸国の中で最も少子高齢化が進んでおり、世界のどの国も経験したことのない速度で、人口の少子化・高齢化が進行しています。

最近では、「年間出生数が、ついに100万人を下回った。」「公衆衛生・医療技術の進歩などから、人生100年時代へ。」などのニュースを耳することが多く、

事実、総務省統計局から算出されるデータでは、日本の【平均寿命】【高齢者数】【高齢化速度】の3点において、世界一の超高齢化社会となりました。

2020年の高齢化率は29.1%、2035年には33.4%に達し、人口の3人に1人が高齢者になると推計されている。

直近では、2025年には「団塊の世代」が75歳以上の高齢者となることで、一気に医療や介護の問題が起きてくると予想されています。

そして、さらに深刻な2042年社会問題。

2042年には高齢者数がピークとなり、1971年から1974年までに生まれた「団塊ジュニア世代」がすべて65歳以上の高齢者となります。

博報堂生活総合研究所の「未来年表」によると、2042年問題では次のような状況になると予想されています。

・高齢者人口が3878万人に達してピークを迎える

・日本の人口が1億人を割る

・20~64歳の働き手の人口が2025年比で1345万人少なくなる

・2042年以降すべての年齢層で人口減少が始まる

・81歳の高齢者が、働き続ける社会になる

現実問題として、2042年のピークを迎える数年前からすでに、

「火葬場不足の問題」「医療・介護の人手不足」「日常生活を支える産業がサービスを十分に提供できない」などの事態も予想されています。

データ情報:総務省統計局 / 博報堂生活総合研究所「未来年表」/ ウェキペディア etc.

永く事業を存続するための【3要素の考え方】

 「商品・サービス」の提供価格についての考え方。[薄利多売?] or [付加価値で高額販売??]

お金に対してメンタルブロックがある方・ない方、その経営者の考え方一つで「欲しい金額」で自由に設定し、

損益分岐点、商品原価率、販売回転率、顧客ターゲット層を絞って、各業界相場から【4つの価格】の要素から価格設定しているケースが多いかと思います。

①相場より、とても安い価格 → 特に中古市場のバッグや時計などのブランド品、または中古車・中古物件などでは、かえって疑われて「良い品」でも売れない可能性がある。

②相場より、少し安い価格  → 同じ品・同等のものと比較検討して「お買い得感」から購入に至るケースが多い価格帯。ベタープライスとも言われる。

③相場より、少し高い価格  → 同じ品・同等のものと比較検討して「より安心感」を得たい、価格だけに捉われず「良い品」を探しているお客様から選ばれるケースが多い価格帯。

④相場より、とても高い価格 → 価格を気にしない、最高級志向のお客様に絞った価格帯。また稀少価値・独自性・権威性のある「商品・サービス」であることが多い。

ちなみにワンズクラフトは、相場をきちんと調べたわけではございませんが、お客様から教えて頂いた内容だと、①~②であると自覚しております。

「利益の最大化」に対する考え方。[スケールメリットでシェア獲得を優先?] or [無駄をなくし効率化を重視??]

「利益(売上-経費)」=「客数」×「客単価」×「リピート率」の方程式から、「利益(売上-経費)」を倍増にするために、

「客数を2倍にするために宣伝広告を打つ」「客単価を2倍にするために+αの販売や付加価値でブランディングする」「既存顧客に対して営業活動をより積極的に行う」

効果的な施策で、最終的に良い結果となれば素晴らしいことですが、一気に2倍にするエネルギー負担は長続きしないことが多く、良い結果につながらないことも。

この倍増が目標となる場合、「客数」「客単価」「リピート率」それぞれが1.3倍になれるように、ブラッシュアップし続けた結果 → 倍増の目標達成が健全な成長だと考えます。

・[フロント商品][バックエンド商品]を意識的に設定し、「客数」「客単価」のUPを狙う。

・効果的な[紹介制度][リピート制度]を取り入れて、「客数」「リピート率」のUPを狙う。

・例えば[会員][保守]のようなサブスクリプション(月額・年額課金制)要素を取り入れ、「新たな定期収益」「リピート率」の促進につなげる。

挙げたらキリがないですが、ちょっとしたマーケティング手法を取り入れてシェアを獲得し、拡大をしていくのが王道です。

また、「経費の最小化」が「利益の最大化」に大きく寄与するため、売込型の営業販売の強化よりも、【ランニングコストの軽さ】が、近年では特に見直されている傾向にあります。

「時代のニーズ変化」に対する考え方。[固定観念をやめ、柔軟な思考行動?] or [自己発信行動??]

これは、Google(アルファベッド社)が提供する「YouTube」が一番説明し易いです。

インターネットインフラ整備 → スマートフォン所持普及が拡大され、土台構築されたあたりで、「YouTube」を大人が見始めたことで、大きく変化いたしました。

これまでは、『子供が見て楽しむもの』だったイチコンテンツが、ビジネスに組み込まれるという、まさに「時代のニーズ変化」が起きました。

世界中で付加価値された動画が発信され、情報・思考・行動に対する影響力は計り知れません。​

そうした「マイメディアを持つ事」でブランディングする考え方が、この先も加速し、ゼロマージナルコストエコノミーのビジネスモデルがある事実を理解するべきだと考えます。​

PS.

長々と「企業規模」や「ジャンル」をあまり問わない【3要素】をあえて記事っぽくしてみました。「そんなことは分かっている。」と言われてしまいそうですが、

現実問題として、「すべて完璧に出来ています!」という方は、なかなかいないと思います。もちろん私も意識しているものの、まるで正解のような「結果を出す」に至りません。

また、マーケターである代表者が理解していたとしても、いち社員までの共有となると、より難しくなりますし、何かしらの「ヒント」「気付き」になれば幸いです。

​Access. / 1044-10,Koshikiya,Ageo-shi,Saitama

              362-0064,Japan

ワンズクラフト

Tel. / 050-5243-9259

Fax. / ​048-877-6753

E-mail. / ​ones.craft.contact@gmail.com